月別アーカイブ: 2017年11月

肌にできてしまうシミは

肌の保湿が十分できていれば、シミもできにくい肌になります。しっかり潤っているお肌は水分と油分がバランス良く保持されていて、整ったきめが保たれています。保湿は肌のバリア機能を高めるため、紫外線によるダメージを減らすことができてシミ予防の効果もあるのです。シミを防ぐためにも、肌の乾燥には注意を払って下さい。エイジングケアではコラーゲンの服用が非常に大切だと思います。コラーゲンは人肌のハリやツヤを生み出してくれます。若い時代のような綺麗な肌と為すには、コラーゲンがいりようです。コラーゲンが十分に入っている食べ物やサプリメントで重点するのが有効なようです。実は、お肌の悩みとして多くの人が挙げるのがシミです。シミが出来てしまう主な原因は、日焼け等の刺激が原因となり、皮膚が赤っぽくなり、その後、変色し、そのまま色素沈着してしまったことによるものです。ショックなことにニキビができた跡の赤みも顔のシミの一因なのです。日焼け止めだけでなく帽子や日傘などを利用して、しっかりUV対策をすることやいつもより肌とむき合いながらスキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)するだけでも、シミ対策につながります。また、体の中からのシミ対策として、ご飯とかサプリでビタミンCを積極的に摂取することもシミ対策として効果的です。

例えば、同じくらいの紫外線を浴びたとしても、その結果、肌にできてしまうシミはその人の肌の性質によってちがいます。一言で言えば、性質としてシミになりやすい肌があるのです。詳しく言いますと、白くてきめの細かい肌質の事です。見分け方についてですが、夏場など、日焼けした時にヒリヒリと赤くなってしまう人の肌です。美しい肌はデリケートですから、注意が必要でしょう。肌に出来る小皺はなぜできるのでしょう。
http://xn--eckvbya5m5a9gw067axb4avu7a.xyz

色々ありますが、真っ先に思いつくのは、乾燥でしょう。

乾燥した空気は乾燥肌を生み出しますが、過剰な皮脂の分泌を促進して肌のキメを荒くすることもあり、肌に長期的にダメージを与えて、老化を促進させます。

自分でできる乾燥対策として、スキを創らないよう普段から潤いを補う(失わないようにする)のがポイントです。最近では通年、スプレータイプの化粧水が売られているので、そういったものを使ってときどき肌を潤してあげると、脂質と水分のバランスがとれていいですね。また、夏以降のキレイ肌を作るために、夏の間は徹底してオイルマッサージ(スポーツや運動の前後には、筋肉の緊張や疲れを解す目的で行われます)やフェイスパックなどのスペシャルケアをおこなうと、老化(シワ・たるみ)を防いで、綺麗な素肌になります。飲酒も、適量なら血行を良くする効果があり、お肌の血行も良くなります。酒粕のパックはよく知られていて、美白に良いといわれています。板状の酒粕を小さくしてボウルに入れ、少量の水を加え、酒粕を柔らかくして、固まりがなくなるようにすりつぶしていきます。小麦粉を少しずつ混ぜて適度な固さにし、なめらかにして、酒粕パックの完成です。とは言っても、日本酒が苦手な方にこのパックは勧められないでしょう。アトピーが気になる人は、肌が敏感な人用の天然成分だけでできているようなスキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)用品の使用をオススメします。アトピーは塩水によって治すことができるという説もあり、風呂桶のお湯に塩を入れたり、海でできるだけ海水浴をすると症状が改善するとされているのです。しかし、実際のところ、患部にはひっかいた傷があることがほとんどで、塩水ではとてもしみてしまうのがネックです。スキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)真っ最中にとあるインスピレーションを得ました。それはこういうものでした。

柔らかい質の肌にはしわはできにくくなるのかも知れない、ということなのです。年々深まる目の周りのじわやほうれい線がどうにかなったらいいのに、と思いつつある程度あきらめてもいたのですが、少し前から炭酸パックを初めてみて、何となくですが、肌の柔らかさを感じられるようになったあたりからしわは、それほど目たたない感じになってきたようでした。炭酸パックがしわに効いたのかも知れないと勝手に思っています。美肌をやしなうのに栄養バランスが整ったご飯はすごく重要です。青汁は他のものより体内に必要な栄養成分を取り込むことができるため肌にも効くと言われています。食生活の改善を考えると伴に運動を適度に行ない新陳代謝を促すために入浴やスキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)は肌にあったものを使用するなど美はま指しく一日にしてならずであると感じます。

ここ2年から3年、急に肌のシワが気になるようになってきました。笑ったときに目元に集中するようなシワが多く、多少はあったけれど、こんなになかったはず!と思いました。肌のケアは夜遅く帰宅しても、ちゃんとしていますし、いままではそれで大丈夫でした。目の周りは温度が低く皮膚も薄いので、雑誌やウェブを参照して重点的に潤いを与えるケアを行っています。

年齢に合わせて、そろそろケアも変えどきなのかも知れないでしょう。